探偵に浮気調査を依頼する際の注意点って? - パートナーの浮気をチェックする方法

パートナーの浮気をチェックする方法 > 浮気調査を依頼する際の注意点

探偵に浮気調査を依頼する際の注意点って?

浮気調査を探偵に依頼する場合、いくつか注意点がある。

まず、探偵に調査を依頼するということはそれなりの大きな金額がかかるということである。
費用は事務所によって様々であるが、なるべく費用を安く抑えるための注意点として、探偵に依頼する前に自分でパートナーの行動をしっかりと観察し記録しておくことである。
浮気を疑っているパートナーが、いつ、どこで、誰と、なにをして浮気をしているのか。
それをわかる範囲で自分なりに調べておく必要がある。
浮気をしているのではないかと疑わしい時間帯や曜日、場所などがわかっていれば調査をスムーズに行ってもらい、証拠をつかめる可能性が高くなる。
また、調査にかかる期間も短くて済む。
浮気相手までわかっているならなお良い。
浮気調査を依頼する前には相手の動向をしっかりチェックしておくことで、費用が少なくてすむ可能性があるのだ。

実際に浮気調査を開始して、日々生活するうえで注意すべき点も紹介しておく。
それは、金銭管理である。
もし調査を依頼するのが既婚者である場合、パートナーと家庭内のお金を一緒に管理していたり、そのパートナーが管理している場合も少なくない。
浮気調査の依頼は大きなお金が動くため、口座やお金の流れには注意しなくてはならない。

また、浮気を疑っているそぶりも見せてはいけない。
相手が疑われていることに気づいたら浮気を自粛する可能性がある。
そうなると、探偵が調査しても満足のいく証拠は得られないだろう。
浮気調査を依頼していることに感づかれたらその浮気調査は即終了になり、証拠を得られないばかりか逆に離婚をつきつけられる可能性もあるため注意が必要である。